伸びきった雑草は全て排除!草取り・抜根・剪定は業者にお願いしよう

庭の手入れを怠ると起こる問題

草取りや抜根や剪定など、これらの庭の手入れ作業に手を焼いている方は少なくありません。きちんと手入れをしないと、ただでさえ手間をかけるこれらの作業がさらに億劫なものとなります。

雑草の放置によって起こる被害

草

庭に雑草が生え、それを放置しておくと、様々な被害が発生します。被害は大きく「健康被害」と「環境被害」に分けることができます。健康被害は、アレルギーや喘息の発生などのことを言います。雑草の中には花粉症や喘息を引き起こしてしまうものが含まれているものがあります。例えばブタクサは花粉症を引き起こす元となりますし、雑草の粒子やキノコの胞子などは喘息を引き起こします。環境被害は、害虫被害や臭害などがそれにあたります。雑草が生えている場所は、害虫にとってこれとない環境です。そこに害虫が住み着き、人やペットにあらゆる害を及ぼすことがあります。マダニのような重篤な病気を感染させる害虫が棲み着くと非常に危険です。臭害は文字通り臭いによる被害です。他の被害同様、自宅だけでなく周囲の家々にも被害を与えてしまう恐れがあります。

草取りや抜根、剪定を行なう必要性とは?

庭でガーデニングを楽しんでいる人にとって、雑草はとても厄介な存在となります。健康被害や環境被害を与えるだけでなく、育てている植物の生長をも妨げてしまうからです。伸びきった雑草は日光や土中の水分、栄養などをどんどん吸収していくので、本来生長させたいはずの花や庭木の脅威となるのです。それを防ぐには、草取りや抜根、剪定などの作業が効果的です。これらの作業を定期的に行ない、雑草の無い庭を築きましょう。

草取りや抜根、剪定を行なう適切な時期とは

草刈りには適切な時期というものがある

草取りは定期的に行なうのが理想的ですが、1年には草取りに適した時期というのがあります。その時期は6月下旬と9月下旬、11月下旬の計3回です。6月下旬行なう理由は、この時期は日本では雨季にあたり、雑草がどんどん伸びてしまうからです。9月下旬に行なう理由は、この時期になると雑草の生長の勢いが落ちているためです。このときに刈られてしまうと、雑草にとっては大きなダメージとなります。そして最後の11月下旬ですが、この時期は比較的枯れ草が多くなります。だから草取りが捗りやすく、また景観もとても良くなります。

草取りには大きく分けて二つのやり方がある

手作業で行なう方法
手作業での草取りは、草取りの基本中の基本です。草むしりも手作業での草取りに含まれます。庭での草むしりのことを「草引き」と表すこともあります。
道具や機械を使って行なう方法
鎌や草刈り機を使えば、手作業による草取りよりも時間効率が大きく上がります。体力の無い人にもオススメの作業方法です。広範囲に渡って効率よく楽に雑草を刈れます。

業者にお願いするメリット

専門業者を利用すると便利

ガーデニング

庭の手入れを定期的に行なうのは結構大変です。体力が衰えつつある人や体に不調が見られる人にとっては、とてもじゃないですが定期的に行なうのは骨が折れる作業となるでしょう。そういうときに役立つのが専門業者の存在です。庭の手入れを専門としている業者は草取りや抜根、剪定など様々な作業を要望通りに短時間で仕上げてくれます。また、作業の中で出てきた大量のゴミも作業終了後に全て持ち帰ってくれます。庭の手入れからその後の処理に至るまで、どの部分においても良心的なサービスが整っているのです。

TOPボタン